Windows 11でシングルクリックまたはダブルクリックでアイテムを開く

投稿者: | 2022年9月9日

Windowsのファイルエクスプローラーでは、通常デフォルトで実行ファイル(.exe)とフォルダーをダブルクリックして開きます。ユーザーはシングルクリックまたはダブルクリックで項目を開くようにWindows設定を変更できます。

Windows 11でシングルクリックアイテムを開く

このチュートリアルでは、Windows 11でシングルクリックまたはダブルクリックでアイテムを開く方法を示します。

INDEX

シングルクリックでアイテムを開く

マウスポインターをアイテムを選択して起動させるときにシングルクリックまたはダブルクリックで操作します。シングルクリックでの操作は、常にフォルダーとファイルを1回クリックするだけ開きます。

▼ まずファイルエクスプローラーにて1コマンドバーの設定 をクリックし、2オプションを選択します。

Windows 11でシングルクリックまたはダブルクリックでアイテムを開く

▼ 《全般》タブをみると、デフォルト設定では1シングルクリックで選択し、ダブルクリックで開くようになっています。例えば、任意のフォルダーを開くには、1回クリックで選択しダブルクリックで開きます。実行ファイル(.exe)を起動する場合もダブルクリックで行います。

Windows 11でシングルクリックまたはダブルクリックでアイテムを開く

すべてのアイテムに下線を引く

▼ これを常に1回クリックするだけでフォルダーを開いたりファイルを起動するように変更できます。2ポイントして選択し、シングルクリックで開くを選択します。更にサブ項目で3ブラウザーのように、アイコンタイトルに下線を付けるを選びます。最後に4OKボタンをクリックして設定変更を保存します。

Windows 11でシングルクリックでアイテムを開く

▼ 結果、以下のように1すべてのフォルダーやファイルに下線が引かれています。さらに、1度クリックするだけでフォルダーが開かれます。

Windows 11でシングルクリックまたはダブルクリックでアイテムを開く

選択したアイテムにのみ下線を引く

▼ アイテムを1回クリックで開くのは同じですが、マウスポインターが当たったアイテムのみ下線が付きます。1ポイントしたときにのみアイコン タイトルに下線を引くを選択します。

Windows 11でシングルクリックまたはダブルクリックでアイテムを開く

▼ 結果、1マウスオーバー(hover)したフォルダーやファイルのみ下線が引かれています。

シングルクリックでアイテムを開く

関連 POSTs

Microsoft Windows