PowerShellでアプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する

投稿者: | 2022年4月5日

フォルダーへのアクセスをコントロールすることで、悪意のあるアプリやランサムウェアなどの脅威から貴重なデータを保護できます。フォルダーアクセスの制御は、Windows Server 2019、Windows Server 2022、Windows 10、および Windows 11 クライアントでサポートされます。PowerShellでアプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する

▼ 以下の保護されているフォルダーに追加することで、許可されていないアプリまたは安全でないアプリがそれらのフォルダー内のファイルにアクセスまたは変更することをブロックします。

PowerShellでアプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する

目 次

このチュートリアルでは、Windowsセキュリティアプリ以外に、Windows PowerShellを使ってフォルダーやアプリをアクセスの制御機能に追加してより安全なPC環境をカスタマイズする方法について紹介します。

フォルダーを保護する

コントロールされたフォルダーアクセスは、ドキュメント、ピクチャ、ムービーなどのフォルダーを含む、多くのシステムフォルダーと既定の場所に適用されます。

▼ 保護されたフォルダーに他のフォルダーを追加できますが、1既定で保護されたフォルダーを削除することはできません。削除ボタンがグレーアウトになっていてクリックできないようになっています。

PowerShellでアプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する

他のフォルダーをコントロールされたフォルダーアクセスに追加すると、既定のWindowsライブラリにファイルを保存しない場合や、ライブラリの既定の場所を変更した場合に役立ちます。ネットワーク共有とマップされたドライブを指定することもできます。

▼ 1保護されたフォルダーおよび2コントロールされたフォルダーアクセスで許可するアプリの追加または削除するには、Windowsセキュリティアプリ、グループポリシー、PowerShellなどで設定可能です。

Windows 制御されたフォルダー アクセスをカスタマイズする

PowerShellで特定のフォルダーを保護されているフォルダーに追加し保護する

▼ タスクバーの Windowsスタートボタンを右クリックするか、キーボードの Windows + Xキーを同時に押して1Windowsターミナル(管理者)を起動します。

PowerShellでアプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する
Windows 11には多くの新機能があり、そのうちの1つがWindowsターミナルです。Windows TerminalはデフォルトでWindows 11に含まれています。Windows Terminalとは、コマンドプロンプト、PowerShell、WSL(Windows Subsystem for Linux)などのコマンドラインツールやシ...
Billionwallet
2021.12.17

▼ 管理者:Windows PowerShellを立ち上げて、以下の1コマンドラインを入力し、Enterキーを押して実行します。

Add-MpPreference -ControlledFolderAccessProtectedFolders “フォルダーのフルパス(Full Path)”

▼ 例えば、以下では《www.billionwallet.com》フォルダーを保護されているフォルダーに追加します。

PowerShellでアプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する

▼ 結果、以下のように保護されているフォルダーの一覧に《www.billionwallet.com》フォルダーが新たに追加されています。

PowerShellでアプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する

PowerShellで特定のアプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する

▼ 上記の保護されているフォルダーのやり方とほぼ同じです。管理者:Windows PowerShellを立ち上げて、許可が必要なアプリに対して以下の1コマンドラインを入力し、Enterキーを押して実行します。

Add-MpPreference -ControlledFolderAccessAllowedApplications “アプリのフルパス(Full Path)”

Windows 制御されたフォルダー アクセスをカスタマイズする

▼ 結果、《アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する》にて許可されたアプリの一覧にアプリが追加されています。

Windows 制御されたフォルダー アクセスをカスタマイズする

▼ 1Set-MpPreferenceコマンドを使用すると、既存のリストが上書きされます。

Windows 制御されたフォルダー アクセスをカスタマイズする

PowerShellで許可されている特定のフォルダーやアプリを除去する

保護されているフォルダーや許可されているアプリを簡単に除去が出来ます。《Add》コマンドの代わりに、《Remove》に書き換えてコマンドラインを入力し、Enterキーを押すだけです。

▼ 保護されているフォルダーを一覧から除去します。

Remove-MpPreference -ControlledFolderAccessProtectedFolders “フォルダーのフルパス(Full Path)”

Windows 制御されたフォルダー アクセスをカスタマイズする

▼ 許可されているアプリを一覧から除去します。

Remove-MpPreference -ControlledFolderAccessAllowedApplications “アプリのフルパス(Full Path)”

Windows 制御されたフォルダー アクセスをカスタマイズする

関連 POSTs

Microsoft Defender Antivirusは、Windows 11に含まれているウイルス対策ソフトウェアであり、ウイルス、マルウェア、その他の脅威からデバイスを保護するのに役立ちます。コントロールされたフォルダアクセスは、ランサムウェアなどの悪意のあるアプリや脅威から貴...
Billionwallet
2022.01.27
Microsoft Windows