Windows 11でキャッシュ(Cache)ファイルをクリアする方法

投稿者: | 2022年3月31日

PCのパフォーマンスを向上させ、より高速なユーザーエクスペリエンスを提供するには、PCのさまざまなキャッシュを(Cache)定期的にクリアする必要があります。ストレージ容量またはRAMが不足している場合は、キャッシュを削除する必要がある場合があります。

キャッシュファイルは、さまざまなアプリやサービスによって作成される一時ファイルです。キャッシュをクリアしても、アプリは必要なときにいつでもファイルを再作成するため、通常はアプリに問題は発生しません。

目 次

システムキャッシュを適切にリセットするため、PCを定期的に再起動する必要がありますが、システム上のキャッシュファイルは非常に簡単に削除できるため、心配する必要はありません。

キャッシュ(Cache)とは?

キャッシュ(Cache)は、さまざまなプログラムによってシステムに保存される一時ファイルであり、頻繁に要求されるデータとコマンドを格納する高速ハードウェアまたはソフトウェアコンポーネントです。Webサイト、アプリ、サービス、およびシステムの他の部分の読み込みを高速化するために使用できます。

キャッシュが多いとシステムパフォーマンスが低下する可能性があります。システムパフォーマンスを向上させるために、Windows11のシステムとブラウザのキャッシュをクリアすることをお勧めします。

キャッシュファイル(Cache File)キャッシュメモリ(Cache Memory)とは異なります。キャッシュファイルは、PNG、アイコン、ロゴ、シェーダーなど、複数のプログラムで必要になるファイルを指します。これらのファイルは物理ドライブスペースに保存され、通常は非表示になっています。

キャッシュメモリは、メインメモリやRAMよりも高速なタイプのメモリです。RAMと比較してCPUの近くに配置されており、はるかに高速であるため、データアクセス時間が大幅に短縮されます。キャッシュメモリは、プロセッサの計算を高速化するのに役立ち、PCを高速化します。

ディスククリーンアップを使用してキャッシュをクリアする

Windows 11からさまざまなキャッシュを削除する簡単な方法は、組み込みのディスククリーンアップツールを使用することです。このツールはキャッシュファイルを自動的に検索してクリアします。

▼ 以下のように Windows + Rキーを押し、ファイル名を指定して実行ウィンドウを開いて、テキストボックスに1cleanmgrと入力し、2OKボタンをクリックします。

Windows 11でキャッシュCacheをクリアする方法

▼ 以下のダイヤログボックスが開きます。以下の削除するファイルからログファイルの設定、インターネット一時ファイル、ゴミ箱、一時ファイルなど1削除対象となる不要な項目にチェックを入れて2OKボタンをクリックします。

Windows 11でキャッシュCacheをクリアする方法

▼ 以下の1ファイルの削除ボタンをクリックすると、ディスククリーンアップが暫く行われます。

Windows 11でキャッシュCacheをクリアする方法
Windows10 ディスク クリーンアップ(Disk Cleanup)でハードディスクの容量を増やす デスクトップにディスク クリーンアップのショートカットを作成する

%tmp%コマンドで一時キャッシュファイルをクリアする

キャッシュファイルはTempフォルダーに保存され、一度に削除できます。このTempフォルダーは、Windowsで作成されるすべてのユーザーアカウント用に分離されています。

▼ 以下のように、 Windows + Rキーを押し、ファイル名を指定して実行を開きます。テキストボックスに1%tmp%と入力し、2OKボタンをクリックします。

Windows 11でキャッシュCacheをクリアする方法

▼ 右側のウィンドウを一度クリック、キーボードの1Ctrl + Aキーを押してすべてのフォルダーとファイルを選択したら、コマンドバーから2 削除をクリックします。

Windows 11でキャッシュCacheをクリアする方法

▼ 1続行ボタンをクリックして、すべてのキャッシュファイルを削除します。

Windows 11でキャッシュCacheをクリアする方法

Microsoft Storeのキャッシュをクリアする

システム上の他のアプリと同様に、Microsoft StoreもキャッシュたデータをPCに保存し、さらにwssreset.exe実行ファイルを使用してファイルを削除できます。

これはアプリ購入時のトラブル、ダウンロードの不具合、またはストアアプリが単に読み込まれない問題などが発生した場合に役立ちます。以下の手順を使用して、MicrosoftStoreのキャッシュをクリアします。

▼ 以下のように、 Windows + Rキーを押し、ファイル名を指定して実行を開きます。テキストボックスに1wsreset.exeと入力し、2OKボタンをクリックします。

Windows 11でキャッシュCacheをクリアする方法

▼ 何もない空白の黒い1コマンドウィンドウが表示されます。タスクバーには2Microsoftストアーをリセットするツールアイコンが表示されます。暫く経ってからウィンドウは自動的に閉じられます。Microsoft Storeのキャッシュが削除されます。

Windows 11でキャッシュCacheをクリアする方法

▼ 同時にリセットされたMicrosoft Storeのウィンドウが自動的に起動します。

Windows 11でキャッシュCacheをクリアする方法

ロケーションキャッシュを削除する

ロケーション履歴もキャッシュファイルとしてWindowsに保存されます。ロケーションデータキャッシュ(Location Data Cache)をクリアすることは、他のキャッシュファイルをクリアすることと同じくらい重要です。

▼ Windows設定アプリにて、ロケーション履歴をクリアします。 Windows + Iキーを押して設定アプリを開きます。左側の1プライバシーとセキュリティを選択し、右側の《アプリのアクセス許可》セクションでにて2位置情報をクリックします。

Windows 11でキャッシュCacheをクリアする方法

▼ 場所の履歴にて1クリアボタンをクリックします。これでロケーションキャッシュが削除されます。

Windows 11でキャッシュCacheをクリアする方法

DNSキャッシュをフラッシュする

ドメインネームシステム(Domain Name System, DNS)は、インターネットドメイン名が配置され、インターネットプロトコル(IP)アドレスに変換されるネーミングデータベースです。DNSキャッシュは、最近のWebサイトへのアクセスを含む、コンピューターのクエリ履歴のレコードを含むローカルストレージです。

DNSキャッシュを定期的にクリーンアップすることは、Webページへの一貫したアクセスを確保するために重要です。DNSキャッシュをクリアすると、個人のWeb使用状況データの消去からDNSポイズニングの防止まで、ネットワーク全体のセキュリティが保護されます。

DNSキャッシュの表示は、DNSコンテンツの監視や特定のIPアドレスの取得に役立ちますが、DNSキャッシュのクリアは、ネットワークセキュリティを維持し、DNSリソースレコードを更新するための重要な操作です。

まず、DNSキャッシュを確認するには、WindowsターミナルにてPowerShellを開き、以下の1ipconfig /displaydnsコマンドを入力しEnterキーを押します。これでレコードを表示できるようになります。

Windows 11でキャッシュCacheをクリアする方法

▼ DNSキャッシュを削除するには、以下の1ipconfig /flushdnsコマンドを入力しEnterキーを押します。DNSキャッシュが削除されると、2成功メッセージが表示されます。再度DNSキャッシュを確認してみると、すべてが削除されているのがわかります。

Windows 11でキャッシュCacheをクリアする方法

ストレージセンサー(Storage Sense)を使ってキャッシュを自動的にクリアする

Windows 11に組み込まれているストレージセンサー(Storage Sense)機能を使用すると、定期的にPCのキャッシュを自動的にクリアできます。クリアするキャッシュタイプを指定すると、それらのキャッシュファイルのみを削除します。

▼ Windows 11では、ごみ箱に1か月以上置かれている一時ファイルやその他のものを自動的にクリーンアップする便利な機能がストレージセンサー(Storage Sense)です。これは、システムストレージを定期的に監視し、ディスクスペースを自動的に確報するように設計されたWindows機能です。PCの空き容量が不足している場合、ストレージセンサー(Storage Sense)機能は、一時ファイル、キャッシュファイル、ごみ箱内の削除されたファイルなど、システム上の不要なファイルを自動的に検出して削除し、ディスク空き領域を自動的に確保します。目...

クリップボード(Clipboard)のキャッシュをクリアする

▼ Windows 11では、Ctrl + Cキーを使ってテキストをコピーしたり、画像をコピーすると、クリップボード(Clipboard)に一時保存されます。 Windows + Vキーを押しますと、1一時ファイルとして保存されています。

Windows 11でキャッシュCacheをクリアする方法

▼ クリップボードに保存されているキャッシュをクリアしてみます。Windowsキーボードの Windows + Iキーを押して、設定アプリを立ち上げます。1システム ▶ 2クリップボードを選択します。

Windows 11でキャッシュCacheをクリアする方法

▼ 上記の《クリップボードの履歴》を確認するには1《オン》にする必要があります。以下の2クリップボードのデータを消去するクリアボタンをクリックします。これでクリップボードのキャッシュを削除できます。

Windows 11でキャッシュCacheをクリアする方法

▼ または Windows + Vキーでクリップボードを起動して2すべてクリアボタンをクリックしてクリップボードの1キャッシュを削除できます。

Windows 11でキャッシュCacheをクリアする方法

ファイルエクスプローラーのキャッシュをクリアする

Windows ファイルエクスプローラー(File Explorer)は、クイックアクセスメニューのようにシステム上で頻繁に使用するファイルとアドレスを記憶しています。

▼ 他のアプリと同様に、Windowsではこのデータを保存しているキャッシュファイルを削除することができます。キーボードの Windows + Eキーを押してファイルエクスプローラーを起動します。右端の1をクリックし2オプションを選択します。

Windows 11でキャッシュCacheをクリアする方法

▼ 《フォルダーオプション》画面にて、《プライバシー》の1消去をクリックし、最後に2OKボタンをクリックします。これでキャッシュがクリアされます。

Windows 11でキャッシュCacheをクリアする方法

関連 POSTs

Microsoft Windows