Windows 11でローカルグループポリシーエディターを開く方法

投稿者: | 2022年6月24日

ローカルグループポリシーエディタ(gpedit.msc)(Local Group Policy Editor)は、ローカルグループポリシーオブジェクト(LPGO)のすべてのコンピュータ構成およびユーザー構成の設定を管理できる単一ユーザーインターフェースを提供するMicrosoft管理コンソール(MMC)スナップインです。Windows 11でローカルグループポリシーエディターを開く方法

Windows 11 スマートフォンでPCを自動ロックする方法

INDEX
Windows 11で特定のユーザーにローカルグループポリシーオブジェクト(LPGO)スナップインでローカルグループポリシーを適用する
PC1台を複数のユーザーが共有する場合に、その権限を割り当てて特定のユーザーアカウントまたはグループにのみ、特定の動作が行われるように設定する必要がある場合があります。しかし、複数のユーザーが1台のPCを共有する場合は、下手にPC操作を行うのは難しい環...
Billionwallet
2022.06.22

ローカルグループポリシーエディター(Local Group Policy Editor)

基本的にローカルグループポリシーエディタで設定されたポリシーは、管理者、特定のユーザーまたは管理者を除くすべてのユーザーに対するユーザーポリシー設定を適用しない限り、すべてのユーザーに適用されます。

ローカルグループポリシーエディターは、Windows 11 Pro、EnterpriseおよびEducationエディションでのみ使用できます。ローカルグループポリシーエディターを使用するには、管理者としてサインインする必要があります。

Windows 10 Homeでローカルグループポリシーエディター(gpedit.msc)をインストールする方法

コンピューターの構成(Computer Configuration)

管理者は、コンピュータにログオンしたユーザーに関係なく、コンピュータ構成を使用してコンピュータに適用されるポリシーを設定することができます。 コンピュータ構成には、一般的にソフトウェア設定、Windows設定および管理テンプレートに対する下位項目が含まれます。

ユーザー構成(User Configuration)

管理者は、ユーザー構成を使用してログオンするコンピュータに関係なく、ユーザーに適用されるポリシーを設定することができます。 ユーザー構成には通常、ソフトウェア設定、Windows設定および管理テンプレートに対する下位項目が含まれます。

ローカルグループポリシーエディタ(gpedit.msc)を使用すると、レジストリを操作しなくても、シンプルなユーザーインターフェイスを介してあらゆる種類のWindows設定を制御できます。このチュートリアルでは、Windows 11でローカルグループポリシーエディターを開く簡単な方法をまとめて紹介します。

ファイル名を指定して実行でローカルグループポリシーエディターを開く

▼  Windows + Rキーを押し、ファイル名を指定して実行を開きます。テキストボックスに1gpedit.mscと入力し、2OKボタンをクリックします。

Windows 11ローカルグループポリシーで規定のプリンターを無効にする

Windows PowerShellまたはコマンドプロンプトにてローカルグループポリシーエディターを開く

▼ Windowsターミナルを起動したら以下のWindows PowerShellを開きます。1gpedit.mscとコマンドを入力し、Enterキーを押します。

Windows 11 スマートフォンでPCを自動ロックする方法

▼ 上記と同様に、Windowsターミナルを起動しコマンドプロンプトを立ち上げます。1gpedit.mscとコマンドを入力し、Enterキーを押します。

ローカルグループポリシーエディター
 Windows 11の新機能 Windowsターミナル コマンドラインツール
Windows 11には多くの新機能があり、そのうちの1つがWindowsターミナル(Windows Terminal)です。Windows 11にはデフォルトのコマンドラインツールとしてターミナルがあります。Windowsターミナルは、コンピューターでターミナルコマンドを実行するための、高速で強力...
Billionwallet
2021.12.22

タスクマネージャーからローカルグループポリシーエディターを開く

▼  スタートボタンをマウス右クリックし、タスクマネージャーをクリックします。

ローカルグループポリシーエディター

▼ または Windows + Rキーを押し、ファイル名を指定して実行を開きます。テキストボックスに1regeditと入力し、2OKボタンをクリックします。

ローカルグループポリシーエディターを開く方法

▼ 以下のタスクマネージャーが起動します。1ファイル > 2新しいタスクの実行を選択します。表示画面のテキストボックスに3gpedit.mscと入力し4OKボタンをクリックします。

ローカルグループポリシーエディター

キーワード検索でローカルグループポリシーエディターを開く

▼ タスクバーから1 検索アイコンをクリックし、検索ボックスに2gpedit.msc、group (policy)またはグループ(ポリシー)と入力し、検索結果から3グループポリシーの編集をクリックして開きます。

ローカルグループポリシーエディター

ショートカットでローカルグループポリシーエディターを開く

▼ デスクトップ上にグループポリシーエディターのショートカットを作成しておいて、必要な時にいつでも起動できます。以下の1デスクトップの空きスペースにてマウス右クリックし、2新規作成 > 3ショートカットを選択します。

Windows 11 スマートフォンでPCを自動ロックする方法

▼ 《ショートカットの作成》画面が表示されたら、1%windir%\system32\gpedit.mscと入力し、2次へボタンをクリックします。

Windows 11でローカルグループポリシーエディターを開く方法

▼ 分かりやすい1ショートカットの名前を記入し、2完了ボタンをクリックします。

Windows 11 スマートフォンでPCを自動ロックする方法

▼ 以下のように、デスクトップ上にグループポリシーエディタのショートカットが出来上がりました。

Windows 11 スマートフォンでPCを自動ロックする方法

コントロールパネルにてローカルグループポリシーエディターを開く

▼ コントロールパネルを起動して、右上の検索ボックスに1group (policy)と入力し、検索結果からWindowsツールの2グループポリシーの編集をクリックして開きます。

Windows 11でローカルグループポリシーエディターを開く方法

関連 POSTs

Microsoft Windows