Windows 11 ローカルグループポリシーでタスクバーにピン留めを無効にする

投稿者: | 2022年1月8日

タスクバーには、起動中のアプリのアイコンが表示されます。必要に応じて、アプリをタスクバーに固定して、アプリが開いているかどうかに関係なく、タスクバーにアプリのアイコンを常に表示できます。アプリをタスクバーに固定すると、タスクバーからオンデマンドでアプリを簡単に開くことができます。

目 次

▼ Windowsの11のショーのスタートメニュー、タスクバーでの検索、タスクビュー、ウィジェット、チャット、Windowsファイルエクスプローラ、マイクロソフトエッジ、およびマイクロソフトストアなどデフォルトで中央に配置されます。

Windows 11 ローカルグループポリシーでタスクバーにピン留めを無効にする

タスクバーにピン留めする

▼ タスクバーに表示されている、現在作業中のアプリのアイコンにマウスポインターを合わせますと、以下のChromeブラウザーのように1作業中のウィンドが表示されます。

またタスクバーにアプリのアイコンを固定するには、対象のアイコンをマウス右クリックし2タスクバーにピン留めするをクリックするだけです。

Windows 11 ローカルグループポリシーでタスクバーにピン留めを無効にする

グループポリシーエディター(gpedit.msc)を起動する

タスクバーにアプリのピン留めを無効にするには、グループポリシーを使います。Windowsのグループポリシーエディターにて、《タスクバーへのプログラムの固定を許可しない》オプションで特定のドライブを非表示にする、またはアクセスを制限することができます。

▼ まず Windows + Rキーを押してファイル名を指定して実行を起動します。テキストボックスに1gpedit.mscと入力し、2OKボタンをクリックしてみます。

Windows 11 ローカルグループポリシーでタスクバーにピン留めを無効にする

▼ またはWindows検索ボックスにて1gpedit.mscと入力し、検索結果から2グループポリシーエディターをクリックします。ちなみに、グループポリシーエディターはWindowsのProfessionalバージョンから基本搭載されています。Windows Homeバージョンの場合は、別途インストールする必要があります。

Windows 11 ローカルグループポリシーでタスクバーにピン留めを無効にする

関連記事

Windows10 Homeでローカルグループポリシーエディター(gpedit.msc)をインストールする方法

タスクバーへのプログラムの固定を許可しないを無効にする

▼ ローカルグループポリシーエディターウィンドウが表示されましたら、以下の場所まで移動します。

ユーザーの構成 > 管理用テンプレート > タスクバーと[スタート]メニュー

▼ 次に、右側の1タスクバーへのプログラムの固定を許可しないをダブルクリックします。

Windows 11 ローカルグループポリシーでタスクバーにピン留めを無効にする

▼ タスクバーへのプログラムの固定を許可しないのプロパティ画面にて、まず1有効を選択し2OKまたは適用ボタンをクリックします。

このポリシー設定を使用すると、タスク バーへのプログラムの固定を制御できます。

このポリシー設定を有効にした場合、ユーザーはタスク バーに現在固定されているプログラムを変更できません。タスク バーにプログラムが既に固定されている場合、それらのプログラムはタスク バーに引き続き表示されます。ただし、ユーザーはタスク バーに既に固定されているプログラムを固定解除することはできず、新しいプログラムをタスク バーに固定することもできません。

このポリシー設定を無効にした場合、または構成しなかった場合、ユーザーはタスク バーに現在固定されているプログラムを変更できます。

Windows 11 ローカルグループポリシーでタスクバーにピン留めを無効にする

結果を確認する

結果を確認してみますと、タスクバーにピン留めする項目が、グループポリシーで有効にした後は、メニューから消えました。

Windows 11 ローカルグループポリシーでタスクバーにピン留めを無効にする

タスクバーにピン留めするを元に戻すには、有効から未構成に変更しますと、すぐに表示されます。