Windows 11でファイルエクスプローラーのコマンドバーをWindows 10のリボンに戻す

投稿者: | 2022年1月21日

▼ Windows 11ではファイルエクスプローラー(File Explorer)の外見に変化があり、Windows 10ではリボンが上部にありましたが、その代わりに以下の1コマンドバーに置き換えました。

Windows 11でファイルエクスプローラーのコマンドバーを無効にしてリボンに戻す

目 次

▼ Windows 10では1リボンからすぐ気楽にコマンドが選べます。

Windows 11でファイルエクスプローラーのコマンドバーを無効にしてリボンに戻す

Windows 10のリボンに慣れているユーザーには、コマンドバーの使い方に戸惑うかもしれません。ここではコマンドバーを無効にして、ファイルエクスプローラーのリボンを復元する方法について紹介します。以下のようにWindows 11で1リボンが使えるようになります。

Windows 11でファイルエクスプローラーのコマンドバーを無効にしてリボンに戻す

レジストリエディターでコマンドバーを無効にする

▼ 以下のように、 Windows + Rキーを押し、ファイル名を指定して実行を開きます。テキストボックスに1regeditと入力し、2OKボタンをクリックします。

Windows 11 その他のオプションを表示 コンテキストメニューをWindows 10の仕様に戻す

▼ レジストリエディタの実行を許可するかについてのユーザーアカウント制御(UAC)画面が表示されます。1はいボタンをクリックします。

Windows 11 その他のオプションを表示 コンテキストメニューをWindows 10の仕様に戻す

▼ レジストリエディタが起動したら、以下のキーまで移動します。万が一の場合に備えて、レジストリを変更する前に必ずバックアップを行うことをお勧めします。

コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\CLSID

Windows 11でファイルエクスプローラーのコマンドバーを無効にしてリボンに戻す

新しいキーを作成する

▼ まずコマンドバーを無効にするために新しいキーを作成します。1CLSIDキーをマウス右クリックし、2新規3キー(K)をクリックして新しいキーを作成します。

Windows 11でファイルエクスプローラーのコマンドバーを無効にしてリボンに戻す

▼ 1新しいキー#1が作成されます。名前を2{d93ed569-3b3e-4bff-8355-3c44f6a52bb5}に書き換えます。

Windows 11でファイルエクスプローラーのコマンドバーを無効にしてリボンに戻す

新しいサブキーを追加する

▼ 新しいサブキーを作成します。1{d93ed569-3b3e-4bff-8355-3c44f6a52bb5}キーをマウス右クリックし、2新規3キー(K)をクリックして作成します。

Windows 11でファイルエクスプローラーのコマンドバーを無効にしてリボンに戻す

▼ 1新しいキー#1の名前を2InprocServer32に書き換えます。

Windows 11でファイルエクスプローラーのコマンドバーを無効にしてリボンに戻す

値のデータを空欄にする

▼ InprocServer32キーの右ペインの1値のデータを修正します。現在(値の設定なし)になっています。2(規定)をダブルクリックします。表示された文字列の編集画面で、現在3空白になっている値のデータを確認し、4OKボタンをクリックします。

Windows 11でファイルエクスプローラーのコマンドバーを無効にしてリボンに戻す

▼ 以下のように値のデータは空白になっています。これでレジストリエディターでの編集は終わりました。

Windows 11でファイルエクスプローラーのコマンドバーを無効にしてリボンに戻す

Windows PowerShellでコマンドバーを無効にする

▼ コマンドラインを実行して簡単にリボンに変更することができます。タスクバーの Windowsスタートボタンを右クリックするか、キーボードの Windows + Xキーを押して1Windowsターミナルをクリックします。

Windows 11でWindowsターミナルを開く方法

▼ Windows Powershellを開き、以下のコマンドラインを実行します。

PS C:\>1reg add “HKCU\Software\Classes\CLSID\{d93ed569-3b3e-4bff-8355-3c44f6a52bb5}\InprocServer32” /f /ve

Windows 11でファイルエクスプローラーのコマンドバーを無効にしてリボンに戻す

次に、上記と同様にファイルエクスプローラーを再起動してコマンドを反映させますと、同じ結果となります。

Windows 11には多くの新機能があり、そのうちの1つがWindowsターミナルです。Windows TerminalはデフォルトでWindows 11に含まれています。Windows Terminalとは、コマンドプロンプト、PowerShell、WSL(Windows Subsystem for Linux)などのコマンドラインツールやシェルのユーザー向けの最新のターミナルアプリケーションです。目 次Windows 11でWindowsターミナルを開く方法1. Windows 11でWindowsターミナルを開く方法は?2. Win + X クイックリンクメニューからWindowsターミナルを開く3. スタートメニューからWindowsターミナルを開...

結果を確認する

上記の設定を反映させるためには、以下のFile Explorerプロセスを再起動するか、アカウントをサインアウトして再度サインインするか、コンピューターを再起動して適用します。

▼ まず、Windowsファイルエクスプローラを開いた後に、ショートカット Windows + X キーを押して、1タスクマネージャーを起動します。

Windows 11でファイルエクスプローラーのコマンドバーを無効にしてリボンに戻す

▼ 次に、プロセスタブにてWindowsエクスプローラ上で1マウス右クリックし 2再起動をクリックするか3再起動ボタンをクリックします。一瞬、PCが更新されます。

Windows 11でファイルエクスプローラーのコマンドバーを無効にしてリボンに戻す

▼ 結果、Windowsファイルエクスプローラの上部にはコマンドバーの代わりに、Windows 10の1リボンに変わりました。

Windows 11でファイルエクスプローラーのコマンドバーを無効にしてリボンに戻す

Windows 11のコマンドバーに戻す

▼ 元のコマンドバーに戻すためには、上記で作成したキーを削除するだけです。最初に作成された1{d93ed569-3b3e-4bff-8355-3c44f6a52bb5}キーを選択し、キーボードのDeleteキーを押します。2はいボタンをクリックします。

Windows 11でファイルエクスプローラーのコマンドバーを無効にしてリボンに戻す

再度、File Explorerプロセスを再起動した後、ファイルエクスプローラーを立ち上げてみますと通常のコマンドバーに戻っているのが確認できます。

▼ またはWindows Powershellでは、以下のコマンドラインを実行しますと、Windows 11のコマンドバーに戻ります。

PS C:\>1reg delete “HKCU\Software\Classes\CLSID\{d93ed569-3b3e-4bff-8355-3c44f6a52bb5}” /f

Windows 11でファイルエクスプローラーのコマンドバーを無効にしてリボンに戻す

関連 POSTs

Windows 10 レジストリエディター
Windows 10 レジストリエディター

Windows 10でレジストリ エディターにてレジストリ(Registry)を編集することで、通常の設定アプリでは操作できない機能などを簡単に実行できます。… 記事を読む

Microsoft Windows