Windows 10 システムの保護を有効または無効にする

投稿者: | 2020年12月15日

システムの保護は、システムの復元を実行できるようにすることで、不要なシステムの変更を元に戻すことができる機能です。システムの復元を使用すると、問題が発生した場合に、ユーザーは個人データファイルを失うことなく、PCを以前の状態(復元ポイント)に戻すことができます。

[Windows 10]システムファイルなどを以前の状態に戻すシステムを復元する方法
システムファイルなどを以前の状態に戻す システムを復元する方法

システムの復元を行うには、パソコンが正常なシステム状態の時に復元ポイントを作っておく必要があります。システムの復元はパソコンを動かす… 記事を読む

システムの復元は、レジストリ設定、ドライバー、およびさまざまなシステムファイルの完全な状態を維持する復元ポイントを作成します。各復元ポイントには、システムを選択した状態に復元するために必要な情報が含まれています。復元ポイントは、新しいアプリ、ドライバー、またはWindows Updateをインストールすると自動的に生成されあす。復元ポイントを手動で作成すると生成されます。

復元は%UserProfile%フォルダー内の個人用ファイルには影響しませんが、復元ポイントの作成後にインストールされたアプリやドライバー、および更新プログラムは削除されますので、注意する必要があります。

[Windows 10]システムの復元のための復元ポイントを手動で作成する方法
Windows 10 システムの復元のための復元ポイントを手動で作成する方法

突然パソコンにトラブルが発生しシステムが不安定な状態に陥り、パソコンが正常に動かないなどの問題が発生した場合、そのトラブルが発生する… 記事を読む

ちなみに、セーフモードでは、システムの保護のオプションを変更することはできません。Windows 10ではシステムの保護機能はNTFS式でフォーマットされたドライブに対してのみ有効にできます。

目 次

システムの保護

システムの復元としても知られているシステムの保護はWindows 10の機能であり、コントロールパネルからシステムの復元を構成することを選択した後にアクセスできます。常にシステムファイルと設定を保存するように、ユーザーはシステムの保護を使用する必要があります。

このオプションは、Windows 10では既にデフォルトで有効になっているため、別途何か設定する必要はありません。システムの保護が機能している場合、ファイルは復元ポイントに保存されます。

復元ポイントは、新しいツール、プログラム、アプリケーションなどのインストールなど、Windows10で重要なアクションが発生したときに作成されます。暫くPCで何かの重要な操作を行わない限り、復元ポイントは7日ごとに自動的に作成されます。

システムの復元を無効にする - Windows 10 グループポリシー
システムの復元を無効にする – Windows 10 グループポリシー

システムの復元を行うと、Windowsのシステムファイルやレジストリ情報などを以前の状態に戻すことができます。システムの復元を行うには… 記事を読む

ドライブのシステムの保護を有効にする

▼  Windowsスタートボタンをマウス右クリックし、クイックアクセスメニューから1システムを開きます。

Windows 10 ドライブのシステムの保護を有効または無効にする

▼ またはワンステップをジャンプする方法としては、以下のように Windows + Rキーを押し、ファイル名を指定して実行ウィンドウを開いて、テキストボックスに1SystemPropertiesProtectionと入力し、2OKボタンをクリックします。

Windows 10 ドライブのシステムの保護を有効または無効にする

▼ 右側の1システムの保護をクリックします。

Windows 10 ドライブのシステムの保護を有効または無効にする

▼ システムのプロパティダイアログが表示されます。ここでは1無効になっているD:ドライブを選択し、その下の2構成ボタンをクリックして次へ進みます。

Windows 10 ドライブのシステムの保護を有効または無効にする

▼ 設定の復元セクションでは1システム保護を有効にするを選択し、ディスク領域の使用量では2スライダーを右に調整します。15%くらいで十分です。スペースがいっぱいになると、古い復元ポイントが自動的に削除され、新しいポイント用にスペースが空きます。3OKボタンをクリックします。

Windows 10 ドライブのシステムの保護を有効または無効にする

▼ 結果、以下のようにD:ドライブのシステムの保護が1有効に変わりました。

Windows 10 ドライブのシステムの保護を有効または無効にする

ドライブのシステムの保護を無効にする

▼ ドライブのシステムの保護を無効にすると、そのドライブに保存されているすべての復元ポイントが削除されますので注意してください。上記と同様に1システム保護を無効にするを選択し、2OKボタンをクリックします。表示されるポップアップ画面のシステムの保護を無効にしますかとメッセージに対して3はいボタンをクリックします。

Windows 10 ドライブのシステムの保護を有効または無効にする

Windows PowerShellでシステムの保護を有効または無効にする

▼ Windows PowerShell(管理者)またはコマンドプロンプト(管理者)にて、コマンドラインを使って簡単にシステムの保護を有効または無効にすることが出来ます。ここでは対象となるD:/ドライブを、Windows PowerShell(管理者)にて以下のコマンドラインを入力してEnterキーを押すだけで簡単に切り替えます。

有効にする

PS C:\Windows\system32> WMIC /Namespace:\\root\default Path SystemRestore Call Enable “D:\”

Windows 10 ドライブのシステムの保護を有効または無効にする
無効にする

PS C:\Windows\system32> WMIC /Namespace:\\root\default Path SystemRestore Call Disable “D:\”

Windows 10 ドライブのシステムの保護を有効または無効にする

その他

▼ Windows PowerShell(管理者)にて、別のコマンドを使って上記と同様の結果が得られます。さらに複数のドライブのシステムの保護を一度に有効または無効にすることが出来ます。それぞれ以下のコマンドを入力してEnterキーを押します。

1有効にする: Enable-ComputerRestore -Drive “<ドライブ文字>:\”

2無効にする: Disable-ComputerRestore -Drive “<ドライブ文字>:\”

3複数のドライブを有効にする: Enable-ComputerRestore -Drive “<ドライブ文字>:\”, “<ドライブ文字>:\”

Windows 10 ドライブのシステムの保護を有効または無効にする

関連 POSTs

Microsoft Windows 10