HTML(エイチティーエムエル)の概念

HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)の略で、、ウェブサイトの作成を可能にするために、HTML文書などを記述するために考案されたコンピュータ言語であります。

HTMLの特徴とし7てはHTML文章の中にさまざまな機能を取り込むことが可能で、他の文書と結び付けるハイパーリンクが設定できるハイパーテキスト、画像・リスト・表などを表示します。

HTML文書

ウェブ上のHTML文書は、ウェブサイトの作成者がHTMLタグなどを使って制作したHTML文書ファイルをブラウザを介して閲覧されています。Internet ExplorerやGoogle Chrome、Mozilla Firefox、Operaなどのブラウザは、HTMLファイルを読み取り、作者が意図したようにページをレンダリングしに見える形にテキストを変換します。

HTML文書を正しく表示させるためには、HTMLタグを用いてHTMLページ作成するのですが、基本的なテキストエディタから専用ソフトウェアまでいろんなツールがあります。

HTML文書の基本構造

このようにブラウザ上でHTML文書を表示させるにはコンピュータが理解できるようにHTML 文書の構造を定義する必要があります。基本的なHTML文書は、ある程度定められた基本枠に従って作成する必要があります。

HTML文書の基本

<!DOCTYPE html">
<html>
 <head>
  <meta charset=Shift_JIS">
  <link rel="stylesheet" href="default.css" type="text/css">
   <title>HTML文書の基本構造</title>
 </head>
  <body>
    .
    .
    .
  </body>
</html>

DOCTYPE宣言

HTML規格によれば、各HTML文書は文書型宣言を必要になります。 その文書がどのバージョンのHTMLで、どの仕様に従って作られているのかをブラウザに伝えるためのものです。このDOCTYPE宣言は、<html>タグの前に、文書の一番前に記述します。

.
<!DOCTYPE html">
.

html要素

HTML文書を作るための基本的な要素です。HTML文書の最上位に位置する要素で、文書全体をhtmlタグで囲みます。

<html>
〜
</html>

head部分

ヘッダ部分は<head>〜</head>で囲まれた範囲で、その中にメタデータ、即ち、HTML文書の文字コードやタイトルなど文書に関するヘッダ情報を示します。

meta 要素:文書に関する情報(メタ情報)を指定する。

link 要素:他のリソとースの関連を明示する。

title 要素:HTML文書のページタイトル。

<head>
 <meta charset=Shift_JIS">
 <link rel="stylesheet" href="default.css" type="text/css">
  <title>HTML文書の基本構造</title>
</head>

body要素

<body>〜</body>で囲まれた範囲で、実際ブラウザで表示される文書の内容であり、見出しや段落、テーブル(表)、フォームなどの要素を明示します。

<body>
   .
   .
   .
</body>